お金

水星逆行は「振り返り」の時期

投稿日:2018年11月20日 更新日:

 

今回は「水星逆行」について

2018年11月17日から水星逆行の期間に入っています。
(終わりは12月7日まで)

水星逆行↓

地球からの見た目のお話であったとしても
水星が逆行を始めると、
不思議なことに地球に住む私たちはこの星の動きに共鳴し、
いろいろな反応が具体的な事象として出てくることがあります。

一般的に水星逆行中に起こりやすいといわれていることを
以下にざざっとまとめておきます。

 

コミュニケーションがスムーズに進みにくくなる
(話がかみ合わない、勘違いする、誤解する/される、言いたいことがうまく言葉にできない、話が支離滅裂になる)
体調が悪くなる、ぼんやりする、やる気がなくなる
(特に水星逆行の始めと終わり)
集中力が落ちる、考えがうまくまとまらない。
その結果、思わぬ勘違いやミスをしてしまうことも
電話やメール、ネットなど通信系のトラブルが発生しやすい

(なぜか連絡がつかない、遅延、メール不着なども多いです)
パソコン、電化製品、電子機器などのトラブルが起こる
(いきなり壊れるという話もよくあります。怪しいなーというときは、PCのデータのバックアップは取っておくこと)
交通機関などのダイヤの乱れが発生しやすい
(特に水星逆行の始めと終わり。異常気象によることも多いような…)
仕事ややりたいことなど計画していることが予定通りに進まなくなる
(逆行中は物事の進みが遅くなり、停滞感を感じやすいです)
以前、考えていたことや決めたことをもう一度見直す流れがやってくる
やらずに放置していたことを再度、取り組むチャンスがやってくる
ご無沙汰している人、懐かしい人から連絡が来る、あるいは、バッタリ再会する

(ふとこちらから連絡を取りたくなることも)
昔の良かったころを懐かしく思う。あるいは、昔のことを思い出して後悔する

水星逆行とは。(2019年7月更新)

 

水星逆行はネガティブなイメージが強いですが、、

この時期には、ものごとがゆっくり進んだり、確認ややり直しを余儀なくされることが多いです。でも、それはあくまでも「ゆっくりになる」「やり直しの必要が出て来る」だけです。
「不幸な時期」「悪い時期」ではありません。
むしろ、本来なら決して戻れない過去にちょっと戻って心残りな忘れ物を取りに戻れるような、ラッキーな時期、と考えられます。ゆっくりペースになるので、身体を休めるのにも適しています。
「水星逆行中は体調が悪くなります」という人もいます。これは、身体が「ずっとためこんできた疲れを清算するときだよ!」とメッセージを送ってくれているのでしょう。

参考:『星読み+』  石井ゆかり:著

(中略)

逆行と相性が良い向き合い方をするためには、以下のキーワードが役立ちます。

  • 振り返り、見直し
  • 点検、修理
  • 復習
  • 再燃、再認識
  • 再会、復縁
  • 延期、遅延

(中略)

でも逆に、過去を振り返って、<いまこの瞬間>の地点から、過去に新しい意味づけをし、過去をリ・クリエイションしていくことで、自分がこれまで作り上げてきた古いパターンから脱却することができます。

そして、脱却することで、いま現在に変化を起こすことができるのです。これほんとに。

そのための、絶好のタイミングが水星逆行だと私は思います。

水星逆行期間に、可能な限り古いパターンの考え方や執着をどんどん手放していって、順行期をすっきりとしたコンディションで迎える準備をしてきましょう。

水星逆行のこと。逆行パワーを活かして幸運を手にするために意識しておきたいポイント

まとめ↓

水星逆行=
過去を振り返って、<いまこの瞬間>の地点から、過去に新しい意味づけをし、過去をリ・クリエイションしていくことで、自分がこれまで作り上げてきた古いパターンから脱却する」
チャンス!♪

-お金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

言葉の力 言霊(ことだま)とは何か??

今回は言葉について。   言霊(ことだま)といって言葉には力があると言われています。 言霊(ことだま)とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。言魂とも書く。言霊(こ …

浪花屋〜チコちゃん〜潜れ!さかなクン〜たい焼きのシンクロ

新年明けましておめでとうございます。 いよいよ2019年になりました。   お正月休みは神奈川県六角橋の「浪花屋」さんへ。 ここの店主は麻布十番にあるたい焼き屋の老舗で長年修行したとのこと。 …

申からネ申へ

今回は干支の申(さる)について。 まず「申」と言う漢字の成り立ち。 『申』 5画(シン・もうす) 甲骨文字 金文 篆文 (象形)稲光の形。 稲光・稲妻の形を左右に並べた形の字が申(しん)です。それは天 …

太陽の国へ還るとき 短編シリーズその5

私がまだ20代の時、社会に出たものの全く適応できず、仕事をやめて瞑想ばかりしている時期がありました(笑) その頃の印象深かった体験を2つ。 1つ目は夜通し瞑想していた時のこと。 あたりが恐ろしいほどの …

聴きながら眠るだけで7つのチャクラが開くCDブック

お久しぶりです。 一昨日の2月3日は節分で立春でした。 中国ではちょうど春節、お正月。 https://diamond.jp/articles/-/192486 そして今日は新月ですね。   …