お金

太陽の国へ還るとき 短編シリーズその5

投稿日:2018年11月15日 更新日:

私がまだ20代の時、社会に出たものの全く適応できず、仕事をやめて瞑想ばかりしている時期がありました(笑)

その頃の印象深かった体験を2つ。

1つ目は夜通し瞑想していた時のこと。

あたりが恐ろしいほどの静寂に包まれていました。

あまりにも静かで死を感じるほどでした。

そんな中、大きなエネルギーの気配を感じはじめます。

その気配とともに大地や自然が目覚め、鳥たちが騒ぎはじめます。

自分という存在も含めた全てのものが渾然一体となり、恍惚とした感覚に包まれます。

夜明けを待ちわびる声に応えるかのように、巨大なエネルギー=太陽が昇りはじめました。

その瞬間、歓喜が沸き起こり、至福の世界が広がりました。

その世界では、小鳥や木々などあらゆる存在がともに調和したリズムの中に存在しており、歓喜していました。

 

2つ目は、山の中にあるキャンプ場にこもって自炊をしながらしばらく1人で生活した時の事です。

そのころは社会生活で疲労困ぱいしていたのですが、豊かな自然の中で生活しているだけで心身ともに正常に戻っていくのがわかりました。

1週間ほど経つ頃にはそれまで悩んでいたことなど取るに足らない事のように思え、悩みというものが一切ない状態になりました。

自然のリズムと同調した生活を2週間くらい続けて、完全な自然体となった状態で、人間界へと戻りました。

するとそこはノイズにノイズを重ねたような不協和音に満ちており、暴力的でエゴイスティック、、、、筆舌し難い狂気の世界のように感じました。

 

最後に「22を超えてゆけ」という本の中の一節をご紹介。

「いいですか。よく目を凝らしてご覧なさい。この宇宙は張り巡らされたクモの巣のように、光の糸でつながっています。星も石も植物もそしてヒトも、すべての命は光の糸でつながっているのです。
(中略)
あなたがたの発する『意識』というものは、電磁波の一種なのですよ。ご存知でしたか?
あなたがたは、ご自身の意識というものに細心の注意を払い、そして責任を持つべきです。なぜなら、磁気の不調和は惑星地球の運行やその軌道、そして近隣の惑星にまで悪影響を及ぼしているからなのです。」
(中略)
オマエたちは惑星地球の細胞の一つだ。オマエの思考など細胞に供給される栄養のようなものだ。腐った栄養を与え続けていたならば、いずれ惑星は死ぬ運命にある。もっとましなものを供給して、惑星の進化に貢献することだな・・・・・・」

 

 

-お金
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

羊(ひつじ)と日本

    前回は競馬について考察しました。 馬が走ると金になる??競馬の起源から探る物語 馬とくれば、次は、、、 羊!!(笑) (十二支順番→ねずみ・うし・とら・うさぎ・たつ・へび・ …

no image

棟方志功と「運気を磨く~心を浄化する三つの技法~ 」

先日、nhkの日曜美術館で版画家、棟方志功の特集をしていました。 絵を観ているだけで理由もなく、感動してしまいました🥺 いつか実物を観に行きたいです! 私事ですが、 最近、御中元のお返 …

快感覚と食事について

前回は心地よさについて考察しました。 心地よさを大切にする 今回は心地よさと密接に関係している「食」についてお話します。 心地よさ、快感覚は健康体ではじめて成り立つ感覚です。 いくら精神的に心地よさを …

瞑想悟り解脱まとめ 超瞑想法

バラ色ダンディでお馴染みの苫米地英人さん 苫米地 英人(とまべち ひでと、1959年9月7日 – )は、日本の認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。カーネギーメロン大 …

だるま市と神々のスマホ

お久しぶりです。 金欠でなかなかブログ更新できませんでした(笑) 気づけば2018年も本日最終日! 最近の日常の出来事をまとめてみたいと思います。   先週は、天の声が聞こえた気がして(笑) …