お金

聴きながら眠るだけで7つのチャクラが開くCDブック

投稿日:2019年2月5日 更新日:

お久しぶりです。

一昨日の2月3日は節分で立春でした。

中国ではちょうど春節、お正月
https://diamond.jp/articles/-/192486

そして今日は新月ですね。

 

さて、先週は「労働とお金」についてあれこれ考えていました。

考えれば考えるほど八方塞がりなって、、ふと鏡をみるとダースベイダーのような顔に、、

出稼ぎ先でも理不尽なことが重なって、半日くらいダークフォースを身に纏いながら仕事をしていました。

そこから流れが悪くなり、追い風から向かい風に、どんどん不快な現象がやってくる!(笑)

寝ている時も、地震や噴火で街が壊滅的になる悪夢を見たりと、強烈な負の引き寄せを体験しました。

なんだか以前とは比べものにならないほど現象化のスピードが加速しているような、、

 

今回はそんな最中、書店で出会った一冊の本をご紹介します↓

                                 

「聴きながら眠るだけで7つのチャクラが開くCDブック」


全国から反響続々!! 3万部突破!!

神秘的な水晶の響きが、あらゆる不調を整える!

健康、お金、恋愛、人間関係、家族の幸せ……。
あらゆる悩みを解決するため、自己啓発の本を読んだり、
セミナーに高いお金を払ったり、
外から何かを取り入れるひとは多いことでしょう。

でも、その必要は、もうありません。
もっと簡単な方法があります。

それが「チャクラ」です。

わたしたちの体には、
エネルギースポットである「チャクラ」が7つあり、
チャクラが開くと元気になり、
さまざまな不調が消えていきます。

現代人はなにかとストレスを溜めこんでいますから、
ほとんどの人のチャクラは閉じています。

ここでクリスタルボウルの登場です。

クリスタルボウルの音色は
あなたのチャクラを自然に開かせることができます。

クリスタルボウルとは、水晶でできた
7つのチャクラに対応する音色を持った楽器です。
そのルーツは古代アトランティス時代にあるといわれています。

本書収録のCDには、
約30年以上にわたる研究で、クリスタルボウルとチャクラの関係を解明した
世界最高峰のクリスタルボウル演奏の第一人者による、
本書のために特別に作られたオリジナル楽曲が収められています。

トータル67分35秒! 豪華8曲収録のCD付き

本書付属のCDには、次の8曲が収録されています。

Track 1 第1チャクラのための「胎動」
Track 2 第2チャクラのための「愛と慈しみ」
Track 3 第3チャクラのための「水の音」
Track 4 第4チャクラのための「癒しと広がり」
Track 5 第5チャクラのたねの「伝える心」
Track 6 第6チャクラのための「覚ざめ」
Track 7 第7チャクラのための「中心に生きる」
Track 8 全チャクラ開放のための「完成」

まずはCDを聴いてみてください。
はじめて体感する音の響きに、どのような感覚を抱くでしょうか。
どうぞゆっくり、その音の世界に身をゆだねてみてください。

収録音源はこちらの特設ページで視聴できます♪
http://www.forestpub.co.jp/chakra_audio/

 

-お金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

太陽の国へ還るとき 短編シリーズその5

私がまだ20代の時、社会に出たものの全く適応できず、仕事をやめて瞑想ばかりしている時期がありました(笑) その頃の印象深かった体験を2つ。 1つ目は夜通し瞑想していた時のこと。 あたりが恐ろしいほどの …

心地よさを大切にする

以前もご紹介した「タオの法則」の一節。 「好き」「快感」「ワクワク」は ゴーサイン 「不快」「気分が乗らない」は ストップサイン 「飽きた」は 完了サイン 人間の創造エネルギーの量は 悦びの量に正比例 …

覚書(おぼえがき)

  トーラス構造 http://theearthplan.blogspot.com/2016/04/ascension-path-tube-torus-fields-and.html 三種の …

シンクロニシティと全託の祈り

先日、以前勤めていた会社(S社)の先輩(Aさん)と数年ぶりに、とある場所で会う約束をしました。 待合場所でAさんを待っていると、向こう側から見覚えのある顔の人が歩いてくる、、よく見るとその人はAさんが …

金銀珊瑚綾錦 短編シリーズその3

これは自宅に飾っている切絵です↓ 題名は「金銀珊瑚綾錦(きんぎんさんごあやにしき)」。 金銀珊瑚綾錦とは、桃太郎が鬼退治をして持ち帰ってきた宝物。 http://heirinzi.blogspot.c …