お金

シンクロニシティと全託の祈り

投稿日:2018年11月5日 更新日:

先日、以前勤めていた会社(S社)の先輩(Aさん)と数年ぶりに、とある場所で会う約束をしました。

待合場所でAさんを待っていると、向こう側から見覚えのある顔の人が歩いてくる、、よく見るとその人はAさんがS社に入社する直前にS社を退職したBさんでした。
私もBさんも全く連絡を取り合っていなかったので「なんでこんなところに?」とお互いびっくり。
普段は全く交流のない人たちと突然シンクロするという不思議な体験でした。

水が高いところから低いところに流れるように物事が自然と成就する、、、

「上善水の如し」
シンクロナイズドスイミング🏊

以下、サイババさんの「全託の祈り」です。

 なぜ心を騒がすのですか? あなたのすべての問題を、私に解決させなさい。それらの問題について考えるのは、この私です。私がひたすら待っているのは、あなたが私に全託することだけです。そうすれば、今後あなたは、どんなことに関してもまったく心配する必要がなくなります。あなたのいっさいの恐れや落胆に別れを告げなさい。

 全託とは、あなたの思いを問題から引き離すことです。困難や悩みから思いを引き離すことです。あらゆることを私の手に委ねて、「主よ、あなたの御心が行われますように」 と言いなさい。それはつまり、「神様、あなたがすべてを御手にお引き取り下さって、私にとって一番よいように解決して下さることを感謝します」と祈ることです。

 結果について考えるのは、全託の反対であることを覚えておきなさい。つまり、何らかの状況があなたの望む結果になっていないと言って心配するのは、あなたに対する私の愛をあなたが信じていない証拠です。

 決して、「これはどうなってしまうのだろうか?…何が起きるのだろうか?」などと考えてはなりません。あなたは私にそれを処理してほしいのですか? イエスですか? ノーですか? イエスであれば、あなたはそれについて心配するのをやめなければなりません! たとえ私が、あなたの期待とは違う道にあなたを導かなければならなかったとしても、「私があなたを両腕に抱えている」のであることを覚えておきなさい。

 あなたを深刻に悩ませるものは、あなたの理性的思考であり、あなたの不安であり、あなたの強迫観念であり、いかなる代償を払ってでも自分のことは自分でしようとするあなたの意志なのです。そんなに悩むことはありません。悩む代わりに、たとえ悲しい状況の中でも、こう祈りなさい。

「神様、この問題を、この困窮をお与え下さったあなたを讃えます。どうか、この束の間の一生を、御心のままにお計らい下さい。あなたは、私にとって何が最善かを非常によく御存知です」。

 災難が減るどころか増えるばかりだと感じる時もあるでしょう。動揺してはなりません。眼を閉じて、信ずる心で私に言いなさい。「あなたの御心が行われますように。その問題は、どうぞあなたが考えて下さい」。そうすれば、必要なら私が奇跡を起こします。私はいつもあなたを思っていますが、あなたが完全に私に頼り切る時にしか、私はあなたを完全に助けることはできないのです。

http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/20121/topic.html

 

追伸

おすすめ本「展望と開運」

-お金
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

釣りバカ日誌〜新米社員 浜崎伝助〜火の玉と剣山

前回のたい焼きの続きです。 浪花屋〜チコちゃん〜潜れ!さかなクン〜たい焼きのシンクロ お正月休みに新春ドラマスペシャル「釣りバカ日誌〜新米社員 浜崎伝助〜瀬戸内海で大漁! 結婚式大パニック編」をテレビ …

2019節分豆まき「福はうち、鬼もうち」

2月3日の節分の日は近くにあるお寺で行われた豆まきに行ってきました。 会場にはたくさんの人が集まっておりました。 山伏の方々も大勢↓ 祝詞の後に火がくべられて、 般若心経〜♪ そして山伏の奥義、火渡り …

未来を動かす バシャール×安藤美冬

お久しぶりです。仮想通貨の暴落で、金欠、出稼ぎに行っていた為、なかなか更新できませんでした(笑) 億り人のつもりが、危なくあの世に送られるところでした(笑) さて、11月17日から始まった水星逆行が1 …

格差社会 鶏(ニワトリ)と生存権の物語 

最近、格差社会が問題になっています↓  私は困窮者支援の現場で、年間500件ほどの相談を受けるNPOを運営している。そこで聞こえてくるのは「年金が低すぎて生活ができない」「保険料が毎年上がっており、こ …

現実と脳の関係性

『ジャータカ』という仏教説話をご存知でしょうか?? その中に兎(うさぎ)にまつわるお話があります。  その昔、菩薩(釈尊の前世のことです)は兎として生まれ変わりました。その兎は、猿、キツネ、カワウソと …